『君がそれを愛と呼んでも』 ひびき澪
『君がそれを愛と呼んでも』 ひびき澪
『君がそれを愛と呼んでも』 ひびき澪
『君がそれを愛と呼んでも』 ひびき澪
『君がそれを愛と呼んでも』 ひびき澪
『君がそれを愛と呼んでも』 ひびき澪

ドラッグでスライドします 左右にスワイプ

『君がそれを愛と呼んでも』

ひびき澪

Story

あらすじ

『君がそれを愛と呼んでも』 ひびき澪

友人に無理やり連れてこられたデリヘルで、中学時代の後輩・明日花と再会した望月。
生活を心配する望月に、明日花は笑顔で幸せだと答えるが、
恋人・陽平から酷いDVを受けていたことを知る。
明日花を助けようとした望月だったが…。
明日花を「救う」のは、誰の「愛」なのか。
入れ替わってしまった望月に待ち受けていたものとは――。

Artist profile

著者プロフィール

『君がそれを愛と呼んでも』 ひびき澪

ひびき澪先生

4月1日生まれ。座右の銘は「頑張らない」。
電子書籍やアプリ配信コミックをメインに活動中。
普遍的なテーマをちょっとひねくれた角度から描く作風を得意とし、突飛な設定と繊細な心理描写の融合に定評がある。
寝ることとすみっことカフェオレが好き。

Store

配信サイト

  • コミックシーモア

その他のサイト

ページのトップへ