『海の底で君と死ねたら』 野崎アユ
『海の底で君と死ねたら』 野崎アユ
『海の底で君と死ねたら』 野崎アユ
『海の底で君と死ねたら』 野崎アユ
『海の底で君と死ねたら』 野崎アユ
『海の底で君と死ねたら』 野崎アユ

ドラッグでスライドします 左右にスワイプ

『海の底で君と死ねたら』

野崎アユ

Story

あらすじ

『海の底で君と死ねたら』 野崎アユ

主人公は生きる意欲を失ったサラリーマン、梶省吾。

妻の急逝によって、幸せいっぱいの生活は嘘のように消え

生活はどん底に。

自殺を試みるも踏ん切りがつかず、失敗を繰り返す始末。

「俺、なんでまだ生きてんだろ…」。

そんな気持ちでふと訪れた、”人魚”の伝説で知られる岬。

そこは今は亡き妻・深雪にプロポーズをした思い出の地でもあった。

「…ここで死んでも、いいか」。

そう覚悟した梶の前に、一人の少女が現れる。

月の光に照らされ、蠱惑的な笑みを浮かべながら、

少女は梶にささやいた。

「人魚なんですよ。わたし―――」

何もかも無くした男と、自らを”人魚”と称する少女。

そんな二人が織りなす、ちょっと不思議なものがたり。

Artist profile

著者プロフィール

『海の底で君と死ねたら』 野崎アユ

野崎アユ先生

お酒とコーヒーとパンが大好きな漫画家。
趣味は自作のコスプレです。
5月21日生まれ。

Store

配信サイト

Coming Soon

その他のサイト

ページのトップへ