『私が15歳ではなくなっても。』 あむ
『私が15歳ではなくなっても。』 あむ
『私が15歳ではなくなっても。』 あむ
『私が15歳ではなくなっても。』 あむ
『私が15歳ではなくなっても。』 あむ
『私が15歳ではなくなっても。』 あむ

ドラッグでスライドします 左右にスワイプ

『私が15歳ではなくなっても。』

あむ

Story

あらすじ

『私が15歳ではなくなっても。』 あむ

「本当はずっと前から、こんな瞬間を待ち望んでいたのかもしれない」――娘に疎まれ、妻には責め立てられながらも中年サラリーマン・岩下は抑圧された日々を慎ましく生きていた。少なくとも、彼の目の前にある日突然現れた一人の少女・シイナと出会うまでは――。彼女が岩下に持ちかけたのは、「2万円でお食事」――パパ活の誘いであった。自分の価値を探し求める15歳の少女と、理性と欲望の狭間でもがく40歳中年男の痛々しくも眩い、小さな逃避行の物語が始まる――。

Artist profile

著者プロフィール

『私が15歳ではなくなっても。』 あむ

あむ先生

健康に仕事が出来るよう頑張ります。

Store

配信サイト

  • コミックシーモア

その他のサイト

ページのトップへ