サチある道々~私をいらない両親へ 岡本一広
サチある道々~私をいらない両親へ 岡本一広
サチある道々~私をいらない両親へ 岡本一広
サチある道々~私をいらない両親へ 岡本一広
サチある道々~私をいらない両親へ 岡本一広
サチある道々~私をいらない両親へ 岡本一広
サチある道々~私をいらない両親へ 岡本一広
サチある道々~私をいらない両親へ 岡本一広

ドラッグでスライドします 左右にスワイプ

サチある道々~私をいらない両親へ

岡本一広

Story

あらすじ

サチある道々~私をいらない両親へ 岡本一広

「おい、出てけ」横暴な父親に家を追い出された少女、サチ。行くあてと言えば、かつてサチを捨てた母の家しかなかった。しかしそこで出会ったのは母ではなく、水商売をしている母の客・コジローだった。二人は、母が金庫に貯め込んでいた数百万の大金を発見する。――このお金があれば、大好きなおじいちゃんのところまで行ける…――そう考えたサチは、コジローに懇願する。「このお金は全部あげる。私を長野まで連れて逃げて!」

Artist profile

著者プロフィール

サチある道々~私をいらない両親へ 岡本一広

岡本一広先生

久しぶりの連載で緊張してます。
サチとコジローの二人と旅をしてる気分になってくれたら嬉しいです。
よろしくお願いします!

Store

配信サイト

  • コミックシーモア

その他のサイト

ページのトップへ